スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因縁の相手オーストラリアと雪山転倒旅行はたのしいぞの話。

お久しぶりです。先月ブログ更新するのコロッと忘れていた私です「カオス・ウィザードと悪魔のしもべ」第1巻は好評発売中!!(語尾)


最近文章ばっかなので速やかに視覚イメージを入れようと思います。
とりあえずクリスタ導入していじくり回しながら絵書いたのではっときます。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35177723


まあ先月休んだのは特に書くこともなかったからでもあるんですがね。
前回サッカーのことを書くとか書かないとかいってたがアレは嘘だ。
私が更新サボってる間にジャパソがヨルダソに負けやがったりしやがりましたが。あの時は私も半ギレしておりました。

まあ勝ち点的には日本がW杯出場を逃す可能性はほぼ0なので別にいいんですが。
(確かW杯を逃す条件は日本が残りを全負けと、いくつかの条件が重なった上で、ヨルダンが日本との得失点差15くらいを逆転しなければいけないそうで。真面目にサッカーしてそんな現象が起こるわけがありません) 
しかしまあ三次予選のときといい、本当にザックジャパンは負けても全然痛くない所で負けておいて気を引き締めるのが得意ですねえ。


というわけで次のオーストラリア戦で引き分け以上で決まるので、ホームできっちり決めて欲しいですね。
…とは言うものも、日本はオーストラリアがウルトラ苦手ですので、そんなあっさりはいかんだろうなあとか思いますけど。ちょっとサッカー知らない人のために日本とオーストラリアの戦歴を振り返ってみましょうか。


オーストラリア代表はアジアの強豪チームの一つです。
現在のアジア圏は日本、韓国、オーストラリアの3強状態になってます。
オーストラリア代表はサッカールーの愛称で親しまれ、フィジカルを生かしたサッカーを得意とし、ヨーロッパの最前線で活躍する選手も多く揃える好チームです。最近はちょっとハンパない主力の高齢化が進んでいるのが悩みです。

そして日本はこのチームがクソ苦手です。
基本的に日本代表は、オーストラリアが得意とする放り込みサッカー(パスを繋いだりとかまったくせず、前線にロングボールを蹴っ飛ばして前線の身長高くて体の強い選手になんとかしてもらう戦術のこと)にスゲー弱いので。
私が代表戦見てきた中で、オーストラリア相手に優勢に試合を進めたパターンはほとんど見たことないです。


その苦手意識は、7年前にまで遡ります。記憶に残っている方もいるでしょう、2006年ドイツワールドカップの初戦、日本対オーストラリア。
史上最強の陣容を揃えたジーコジャパンは、後半終盤に立て続けに3失点し、衝撃的な敗戦を喫しました。
この試合でトラウマを植えつけられた日本は良い所なくグループリーグを敗退し、その後しばらく低迷期に苦しむことになります。

次の対戦は、2007年のアジアカップ。
この大会からオーストラリアはオセアニアを脱退してアジアに加入します。優勝候補筆頭になるほどの強力なチームがいきなり加入してきたことで、アジア諸国は恐怖に慄きました。
オシム監督率いる日本代表は準々決勝にて、アジア制覇をもくろむオーストラリアと激突します。
1-1で延長でも決着のつかない激戦の末、PK戦で日本が勝利。
日本はなんとかW杯の借りを返すことに成功しました。(ちなみに次の準決勝でサウジアラビアに負けました)

次の対戦は南アフリカW杯の最終予選。岡田監督に託された日本代表は、最終予選でオーストラリアと同グループに。
この時はホームでの試合は0-0で引き分けましたが、アウェーでは先制するものも逆転され、2-1で敗北しました。

続く2010年W杯本大会では、まったく期待されていなかった岡田ジャパンが決勝トーナメントに進出。
韓国も同じく進出し、オーストラリアは得失点差でギリギリ敗退するものも、セルビア代表に勝利するなど、予選で見事な試合を演じます。アジア3強の存在がいよいよ際立つ結果となりました。

そして2011年アジアカップ。決勝の舞台で日本とオーストラリアは再び激突します。
W杯の勢いのままに、ジーコジャパン時代をも凌ぐほどの陣容が形成されつつあった新生ザックジャパンと、世代交代が進まず高齢化が進んだオーストラリア代表。
試合はいつものようにオーストラリアの放り込みに日本は大苦戦しますが、延長戦の末、衝撃的な李忠成のボレーシュートによって日本がアジアを制覇します。

そして直近の対戦は2012年。
ブラジルW杯最終予選で再び同組となった日本とオーストラリア。
初戦3連戦の最後に、日本はアウェーでオーストラリアと激突。栗原のゴールで先制しますが、PKにて追いつかれ、引き分けに終わりました。


という風に戦歴を並べ立ててみると分かりますが、日本はここ7年くらいオーストラリアに90分間で勝ったことがありません。
現在の日本代表はアジア3強の中でも突出した実力を持ちつつあります。そんな日本代表も、韓国をボコしたことはありますが、オーストラリアを圧倒したことはまだありません。それくらいオーストラリアは厄介な相手なのです。
果たして次の試合で日本はW杯を決めることが出来るのか…期待して見ていきたいですね。



あれ?結局なんかサッカーの話してね?まあいいや。



あとなんか最近は…そういえば3月はじめには草津温泉に行ったりしました。
12.jpg

雰囲気がでまくってますね。

そこでスノーボーディングしました。雪山で遊ぶのなんて15年ぶりくらいな気がします。
31.jpg

雪がいっぱいじゃー!

最後にスキー系の遊びをしたのは小学校のときのボーイスカウトの合宿だった気がします。その時はスキーだったのですが、今回はあえてスノーボーディナリーに挑戦しました。

メッチャ怖かったです。両足が板に固定されている時の恐怖ったらない。しかもコケて右手を粉砕しようものなら仕事が出来なくなってしまうので、戦々恐々です。

しかし経験者の先輩の指導により、(スノボ勢は4人いたのですが、1人以外全員初心者だったのだ)少しずつ修練を積んだ我々は、コケない事よりも危険な体勢でコケないことの方が重要だと気付き、「コケることを恐れるな!転倒を支配するのだー!!」と叫びながらコケまくりました。後日死ぬほど全身が痛くなりました。

あとは、凍った滑りまくる雪道を歩いていた時に、先輩がまるでマンガのバナナの皮で滑った人みたいに見事にコケたり、並んで歩いていた私と先輩がまるでマンガのように同時にコケたり、なんかもうコケてばっかりの素敵な旅行でした。ワンダフルである。右手が無事で本当によかったですまる。

まあ今回はこんなもんにしておきましょう。あんまり色んなこと書くと勿体無いしな!なんで出し惜しみしてるのか知らないけど!

めんたまに穴が開いているっていうんで病院でビームを受けてきた私は、キリキリ仕事にかかりたいと思います。そんじゃまた来月。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。